「オンライン帰省」とは?意味や使い方を解説します!

「オンライン帰省」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オンライン帰省」について解説します。

目次

  1. オンライン帰省
  2. オンライン帰省の意味とは
  3. オンライン帰省の使い方・例文

オンライン帰省

オンライン帰省」という言葉について解説します。

まず、みなさんはこのオンライン帰省という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

初めて見たという方にとっては「オンラインで帰省?できなくない?」と、少し戸惑う言葉かもしれません。

この言葉は新型コロナの影響でステイホーム週間とされたGWに提唱され、夏まで影響が続いた場合はお盆にも適用されるものとなっています。

LINEやZOOMというアプリを使ってするものと言われていますが、あまりこういうアプリに馴染みのない方は聞けば聞くほどちんぷんかんぷんになるかもしれません。

ということでここでは「オンライン帰省」という言葉の意味ややり方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

なんなら実際にオンライン帰省してみてください。

オンライン帰省の意味とは

>

オンライン帰省とは「実際には実家には帰らずに、ビデオ通話などで家族と話すこと」という意味の言葉となります。

よくよく考えると、単純に家族間のビデオ通話というだけのことを良い感じの言葉にしてみたという感じはありますが、多くの人が移動するGWやお盆という期間に対してコロナを拡大させないために生まれた言葉と言えます。

このビデオ通話をする際に必要となるのがアプリで、その代表的なアプリが「LINE」であり「ZOOM」といったものになっています。

実家に帰るのが一年に一度あるかないかという方にとっては、GWやお盆の時期は大切なイベントでもあるので、オンライン「帰省」という言葉の気分があるだけでも気持ちが違うのかもしれませんね。

顔を見せる、顔を見て話すというのは言葉にできない良さがあるので、みなさんも2020年はオンライン帰省をしてみてはいかがでしょうか。

オンライン帰省の使い方・例文

  • グーグルストリートビューで、実際に行き返りのルートをなぞってからビデオ通話を繋ぐという本格派もいるらしい。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ