「上手・下手」とは?意味や使い方を解説します!

「上手・下手」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「上手・下手」について解説します。

目次

  1. ステージにおける上手・下手
  2. ステージにおける上手・下手(かみて・しもて)の意味とは
  3. ステージにおける上手・下手の使い方・例文

ステージにおける上手・下手

上手・下手」という言葉について解説します。

上手・下手という漢字だけだと、上手い下手の上手・下手ともとれますが、ここで紹介するのは舞台などで使われる「上手・下手」の方です。

「上手、下手に見得を切る」といった感じで使われますが、みなさんはどちらが上手で、どちらが下手かご存じでしょうか。

音楽などのステージや演劇などの舞台をけっこう見に行く方であればご存じかもしれませんが、なかなか上手下手の区別がしっかりついている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、ここでは上手・下手について詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ステージにおける上手・下手(かみて・しもて)の意味とは

>

上手・下手(読み方・かみて・しもて)とは「舞台用語で、客席から見て中央から右側を上手、左側を下手とする呼び方」という意味の言葉です。

元々は歌舞伎で使われていた言葉ですが、それがそのまま演劇などでも使われるようになり、映画やテレビでもカメラから見て右側を上手、左側を下手と呼びます。

現在でも上手・下手の呼称が使われているのは、演者から見た場合と客から見た場合で左右が逆になることから統一する呼び方として便利ということがあるようです。

上手、下手に見得を切る。は(客席から見て)右に左に見得を切る。という意味になるのがわかるのではないでしょうか。

ステージにおける上手・下手の使い方・例文

  • 今回のステージは下手から入って、上手にはけるという流れになっている。
  • 最初に上手の方に挨拶をしてから下手に挨拶をする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ