「いたいけ」とは?意味や使い方を解説します!

「いたいけ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「いたいけ」について解説します。

目次

  1. いたいけ
  2. いたいけ(幼気)の意味とは
  3. いたいけの使い方・例文

いたいけ

いたいけ」という言葉について解説します。

「いたいけな少女」「いたいけな瞳」といった感じで使われるこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

あまり日常の会話の中で「いたいけだねぇ」などと言ったりする機会はないかもしれませんが、それでも度々出会う言葉の一つだと思います。

意味も文脈などから想像はつきそうですが、正確に把握している方というのは意外と少ないかもしれません。

ここではそんな「いたいけ」という言葉について、意味や使い方、漢字などを詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

いたいけ(幼気)の意味とは

>

いたいけ(漢字・幼気)とは

  • 子供などの痛々しく、いじらしいさま
  • 幼くてかわいいさま
  • 小さくてかわいらしいさま。いといけない
といった意味の言葉となっています。

ということで「幼気な少女」と言った場合は「幼くてかわいい少女」、「いたいけな瞳」と言った場合は「小さくてかわいらしい瞳」となることが分かると思います。

「幼気な遺児」と言った場合は「痛々しくもいじらしい遺児」といった意味になります。一般的にはこの痛々しいという意味よりも、かわいらしい、幼いといった意味合いで使われることの方が多いようです。

漢字では「幼気」と書きます。「おさなげ」と呼んでしまいそうですが、おさなげの漢字は「幼げ」なので混同しないように注意しましょう。

いたいけの使い方・例文

  • 庭で遊んでいる幼稚園児のいたいけな様子を見ていると心が温まる思いがする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ