「量子化」の意味とは?意味や使い方を解説!

「量子化」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「量子化」について解説します。

目次

  1. 量子化
  2. 量子化(quantization)の意味とは
  3. 量子化を使った文章・例

量子化

量子化」という言葉について解説します。

まず、みなさんはこの量子化という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

理系の方であれば詳しくはなくとも、見たことはあるという方が多いかもしれませんが、やはり一般的な言葉というよりはかなり専門性を持った言葉といえそうです。

この言葉を初めて見るという私のような方は意味はもちろんのこと使い方の想像すらつかないかもしれません。はたして使うタイミングなんてあるのだろうか

ということで、ここではそんな「量子化」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

量子化(quantization)の意味とは

>

量子化(英・quantization)とは「アナログ信号などの連続量を、整数などの離散値で近似的に表現すること」という意味になります。

量子化は、自然界の信号(連続量)などをコンピュータで処理、保存できるようデジタルデータに置き換える際(離散値で表す)などに良く行われるようです。

かなりざっくりというと、自然の音などをコンピュータ処理できるようにするプロセスのことを量子化と呼ぶようです。

つまり量子化=コンピュータ処理する くらいで覚えておいてもいいかもしれません。

日常生活に転用して使うには、かなり深い理解度が必要になるので、この言葉を日常会話の中で使う人に出会った場合は、近づかない方がいいかもしれません。

量子化を使った文章・例

  • 人工知能といえども、量子化していないものは覚えることができない

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ