「サンプリング」とは?意味や特徴を解説します!

「サンプリング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サンプリング」について意味や使い方を解説します。

目次

  1. サンプリング
  2. サンプリングの意味とは
  3. サンプリングの特徴とは

サンプリング

サンプリング」という言葉について解説します。

みなさんはこの「サンプリング」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

この言葉を聞いて思い浮かべるイメージはもしかすると人それぞれ違うかもしれません。

DJ、ラップ、ラッパーなどを思い浮かべる方もいらっしゃれば、ITやマーケティングといったものを連想する方もいらっしゃると思います。

ここでは主に音楽の話題で使われるサンプリングについてお話します。

ということで、そんな「サンプリング」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

サンプリングの意味とは

>

サンプリングとは

  1. 抜き取り検査などのために見本を抜き出すこと
  2. アナログ信号をデジタル信号に変換する際、一定時間ごとに分割すること。単位時間あたりの分割数をサンプリング周波数という。
  3. いろいろな楽曲を抜粋して組み合わせて新しい曲を作ること
といった意味の言葉となります。

音楽で使われるサンプリングは3の意味であることが分かると思います。

また、マーケティング用語としては1。IT用語としては2の意味で使われています。

サンプリングの特徴とは

音楽におけるサンプリングはオマージュ、リスペクト、インスパイアといった言葉と言い換えられることがあり、オマージュ、リスペクトは尊敬、敬意、インスパイアは感化されたといった意味の言葉です。

DJやラッパーが何かの曲をサンプリングしてラップや曲を作るのは、尊敬していたり、影響を受けたりした証であるという意味合いがあると言われています。

サンプリング楽曲は度々パクリじゃないかと言われますが、パクリかどうかはこの尊敬や敬意が曲や製作者にあるかどうかも大切なようです。
 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ