「ダブルスタンダード」とは?意味や使い方を解説します!

「ダブルスタンダード」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ダブルスタンダード」について解説します。

目次

  1. ダブルスタンダード
  2. ダブルスタンダードの意味とは
  3. ダブルスタンダードの使い方・例文

ダブルスタンダード

ダブルスタンダード」という言葉について解説します。

みなさんは、テレビやSNSなどを見ていてこの「ダブルスタンダード」もしくは「ダブスタ」という言葉を見聞きすることが増えてきた感はないでしょうか。

「この発言はダブルスタンダードそのものですよ」「ダブスタの自覚がないから困る」といった感じで使われ、使用頻度が増加傾向にある言葉の一つとなってきていると言えます。

とはいえ、まだまだ意味や使い方をきちんと把握しているという方は実は少ないかもしれません。

ここではそんな「ダブルスタンダード」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

ダブルスタンダードの意味とは

>

ダブルスタンダードとは「対象によって適用する基準を変えること」「二重基準」「二重規範」といった意味の言葉となっています。

※「二十基準=同じことをしても評価の基準が異なり不平等になること」「二重規範=同じような状況で、異なる基準が不公平に適用されること」

分かりやすく例を挙げると、全く同じことをしたのに、部長お気に入りのAさんは褒められて、お気に入りではないBさんはけなされる。といったことがダブルスタンダードです。

よくよく考えると、日常の中にも大小色々なダブルスタンダードが潜んでいて、ネットやSNSの発達で、二十基準による不平等や不公平、矛盾に対する不満が表面化しやすくなったことが、この言葉の定着化を進めているのかもしれません。

ダブルスタンダードの使い方・例文

  • 国会のテレビ中継を見ていたら、ダブルスタンダードだらけで笑えてきた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ