「フィロソフィー」とは?意味や使い方を解説します!

「フィロソフィー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「フィロソフィー」について解説します。

目次

  1. フィロソフィー
  2. フィロソフィー(philosophy)の意味とは
  3. フィロソフィーの使い方・例文

フィロソフィー

フィロソフィー」という言葉について解説します。

ビジネスの用語として「京セラフィロソフィー」「JALフィロソフィー」といった形で使われているこの言葉。

みなさんは見聞きしたことがあるでしょうか。

なかなか日常生活の中で使うような言葉ではないので、初見だという方も多くいらっしゃるかと思います。

カタカナ語なので、一度でも調べたことがないと意味の想像が全くできないのではないでそうか。

ここでは、そんな「フィロソフィー」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

フィロソフィー(philosophy)の意味とは

>

フィロソフィー(英・philosophy)とは「哲学」のことです。

では、哲学とは何かというと「各人の経験に基づく人生観や世界観。また、物事を統一的に把握する理念」という意味になります。

前述の京セラフィロソフィーというのは、全社員に企業理念を浸透させるために作った指針のようなものです。

超ざっくり言うと、フィロソフィーとは「考え方」といった感じになります。

とても響きも良く、かっこいい語感ではありますが、日常会話やビジネスシーンの中で「フィロソフィーが無いんだよねぇ」などと使うと、その場が変な空気になりかねないので使う際は注意してください。

フィロソフィーの使い方・例文

  • 日常的に使うと裏で噂される言葉、それがフィロソフィー。使うのは書面の中だけにした方が良い。
  • ボカロの歌詞として度々登場するが、やはり語感の良さが中二ごころをくすぐるのだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ