「仲介」とは?意味や使い方を解説します!

「仲介」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「仲介」について解説します。

目次

  1. 仲介
  2. 仲介の意味とは
  3. 仲介の使い方・例文

仲介

皆さんは「仲介」という言葉をご存知でしょうか。

「ちゅうかい」と読むことや、不動産関係の場面などで使われることなどは知っているかと思われます。

今回は「仲介」という言葉について詳しく解説します。

仲介の意味とは

仲介とは「当事者たちの間に入って取り次いだり、まとめたりすること。」という意味です。
読み方は「ちゅうかい」です。

「仲立ち」や「斡旋(あっせん)」ともいいます。

金融業や不動産業の世界でよく使われる言葉です。
売り手と買い手、貸し手と借り手を仲立ちする業者のことを「仲介業者」と呼び、契約成立時に発生する仲介手数料を得ることで収益としています。

似た言葉に「媒介」があります。
読み方は「ばいかい」で、意味は「二つの物の間で、両者の仲立ちをするもの」です。
「花が受粉する際は蜂が花粉を媒介する」「蚊が伝染病を媒介する」などのように、自然や生物の分野でも使われる言葉です。
不動産業でも「仲介」と同じように使われ、「仲介業者」と同じく契約者同士の仲立ちをして手数料を得るという業務を行う「媒介業者」も存在します。
二つの業者は契約形態が異なっており、「媒介業者」は売り手または貸し手である大家と直接契約をします。
それに対して「仲介業者」は、「媒介業者」などから得た広告を用いて買い手または借り手に情報提供を行います。

>

仲介の使い方・例文

  1. 文化祭の企画に企業の協賛が必要になり、先輩に仲介してもらうことになった。
  2. 不動産契約をしようとしたが、仲介業者の説明と食い違う点が発生した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ