「おかのした」とは?意味や使い方を解説!

SNSなどでよく見かける「おかのした」という言葉があります。最近SNSを中心によく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「おかのした」について解説していきます。

目次

  1. おかのした
  2. おかのしたとは
  3. おかのしたの由来
  4. おかのしたの使い方・例文

おかのした

皆さん「おかのした」という言葉を知っていますか?

最近はSNSなどでよく使われている言葉なので、目にしたことがある人も少なくないかもしれません。

しかし、まだ意味を知らないという人にっとては「おかのした」という文字だけでは少し意味を想像するのが難しいですよね。
ちなみに「丘の下」ではありません。

まだ知らない人は知っておくと便利なので、ここでしっかりと覚えていきましょう。
 

おかのしたとは

「おかのした」とは「わかりました」を意味する言葉です。

主に、2ちゃんねるなどのネット掲示板上で使われることが多い言葉です。

おかのしたの由来

「おかのした」という言葉は男優同士の大人なビデオが発祥で、そこで男優が発した言葉の空耳が元ネタだとと言われています。
そのビデオで男優さんが口に物をくわえたまま「わかりました」と言った際に、それが「おかのした」と聞こえたことが由来のようです。

おかのしたの使い方・例文

「おかのした」の使い方を紹介します。
「おかのした」は「わかりました」という意味なので、何かを頼まれたときや、相手の言葉に了承したときなどに使います。

「○○お願いします」→「おかのした」

といった形で使うのが一般的なようです。
普段「わかりました」というようなタイミングで使うのがよいかもしれませんね。
ちなみにネットでは

上司「○○買ってこい!」→部下「おかのした」

というように使われることが多いようです。

「おかのした」を使った例文を紹介します。
1.上司「コーヒー買ってこい!」部下「おかのした」
2.同僚「この資料の確認お願いします。」自分「おかのした」


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ