「畜ペン」とは?意味を解説します!

「畜ペン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「畜ペン」について解説します。

目次

  1. 畜ペン
  2. 畜ペンの意味とは

畜ペン

畜ペン」という言葉は、野球ファンなら聞いたことがあるかもしれません。昔はかわいいだけだったプロ野球チームのキャラクターに革命を起こしている存在ですね。

東京ヤクルトスワローズのファンや野球ファンにはおなじみかもしれませんが、一般にはあまり知られていないのが「畜ペン」。会話の中で登場することもあるので意味を知っておきたいですね。

この記事では「畜ペン」の意味や使い方、ドアラやふうさんとの関係などを解説します。

畜ペンの意味とは

「畜ペン」は「東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター、つば九郎」です。なぜ「畜ペン」と呼ばれるのでしょうか。

「畜」は畜生のことで、つば九郎が他の球団のマスコットに攻撃を仕掛けたり時事ネタをいじったフリップ芸を披露したりと到底これまでのマスコットキャラクターでは考えられない動きをすることから。

そして「ペン」については、つば九郎はつばめのキャラクターですがどう見てもペンギンにしか見えないため「畜ペン」と呼ばれています。

畜ペンを語る上で欠かせないのが中日ドラゴンズのドアラと、福岡ソフトバンクホークスのふうさんとの関係です。

ドアラも畜ペンと同じく、マスコットらしからぬ動きをします。自由な動きも目立ち、そのためか畜ペンとは特に仲が良く二体で球場でパフォーマンスする姿もよく見かけます。

ふうさんも独特の空気感を持つキャラクター。畜ペンから豪快なキックを見舞われたことで話題になったキャラクターです。

 

>

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ