「かまってちゃん」とは?意味や使い方を解説!

「かまってちゃん」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「かまってちゃん」について解説します。

目次

  1. かまってちゃん
  2. かまってちゃんの意味とは
  3. かまってちゃんを使った文章・例文

かまってちゃん

皆さんは、「かまってちゃん」という言葉をご存知でしょうか。

SNSなどでよく使われる言葉で、「かまってちゃん」や「かまってくん」、「かまってさん」なんかも見かけると思います。

この記事では、「かまってちゃん」の意味を解説させていただきます。

かまってちゃんの意味とは

「かまってちゃん」とは、その名の通り「人に構ってもらいたい」人を言います。
特に、「構って欲しくて迷惑な行動をする」「一人ぼっちを極端に嫌う」というニュアンスが強いです。
「かまってくん」や「かまってさん」も全く同じ意味です。

何故「かまってちゃん」になるかと言うと、承認欲求や自己顕示欲が強く、それが満たされないからです。
恋人や友人に甘えたがる人のことも「かまってちゃん」と言いますが、その程度で済むのなら問題はありません。

承認欲求や自己顕示欲は誰にでもあって当たり前ですが、人に注目される為に嘘をついたり、自分の体を傷付けるなどの行為に走るのは「かまってちゃん」を通り越して異常です。

対処法は「無視」が一番とされていますが、「かまってちゃん」は一人ぼっちを嫌うので、無視すると行動がエスカレートする危険性もあります。

>

かまってちゃんを使った文章・例文

ここで、「かまってちゃん」を使った例文をご紹介します。

1.恋人がかまってちゃんだから、毎日何度もメールを送って来て鬱陶しいよ。
2.迷惑な電話をしてまで構って欲しいなんて、かまってちゃんにしても異常だよ。
3.かまってちゃんを無視したいけど、逆恨みが怖いな。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ