「タッチアウト」とは?意味や「フォースアウト」との違いを解説!

野球において「タッチアウト」という言葉を聞くことがあると思います。解説や実況の人が口にする「タッチアウト」という言葉について解説していきます。また、「タッチアウト」と「フォースアウト」の違いもあわせて説明します。

目次

  1. タッチアウト
  2. タッチアウトとは
  3. タッチアウトとフォースアウトの違い
  4. タッチアウトの使い方・例文

タッチアウト

野球の試合中継を見ていると解説の人などが「タッチアウト」という言葉を使っているのを耳にしたことがあるかと思います。

しかし、「タッチアウト」という言葉は野球に詳しくない人にはピンとこない言葉ですよね。

この記事では、そんな「タッチアウト」について解説していきます。

タッチアウトとは

タッチアウトとは、野球のアウトに関するルールの1つで「ランナーにボールを持った状態のグローブまたは手でタッチし、アウトにすること」を表します。

1つ前の塁にランナーがいない(進塁義務のない)場合に、ランナーをアウトにする方法は基本的にタッチアウトしかありません。

また、リードなどでランナーがベースから離れている状況でアウトにする場合もタッチアウトでなければなりません。

タッチアウトとフォースアウトの違い

ランナーをアウトにする方法で「タッチアウト」の他に「フォースアウト」というものがあります。

「フォースアウト」とは「1つ後ろにランナーが後ろにいる状況(進塁義務)にあるランナーが、次の塁に到達する前に塁をボールを持った状態で塁に触れてアウトにすること」を表します。

「フォースアウト」の「フォース」は英語で「force out」なので失格にするという意味を持ちます。

なので、4つ目の(fourth)アウトではありません。

タッチアウトとは違い、ランナーに直接触れる(タッチする)ことなく、アウトにする方法です。
 

タッチアウトの使い方・例文

  1. 彼のタッチアウトで試合が終わった。
  2. タッチアウトを告げられたが、うまくタッチを掻い潜ったためビデオ判定のち、セーフに覆った。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ