「シュレーディンガーの猫」とは?意味や使い方を解説!

「シュレーディンガーの猫」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シュレーディンガーの猫」について解説します。

目次

  1. シュレーディンガーの猫
  2. シュレーディンガーの猫の意味とは
  3. シュレーディンガーの猫を使った文章・例文

シュレーディンガーの猫

シュレーディンガーの猫」という言葉は、日常生活の中で聞くことは少ないですが、物理の世界ではよく知られた言葉です。

「シュレーディンガーの猫」は物理に詳しい人と話す時に会話に登場することもありますので、この機会に知っておいてくださいね。

この記事では「シュレーディンガーの猫」の意味や使い方などを解説します。

シュレーディンガーの猫の意味とは

「シュレーディンガーの猫」は、「シュレーディンガーという研究者が提唱した思考実験のこと」です。射影公準における収縮について、どういった段階で起きるのかが分かっていないことによって引き起こされる矛盾を示すことを狙いとしています。

概要としては、フタのある箱に猫を入れて、そこにある一定の条件によって青酸ガスが発生する仕組みを設置する。そして、青酸ガスが発生すれば箱の中にいる猫は死ぬものの、発生しなければ死なない状況を作ります。

この状態だと、観察者は中を見ない限りは猫が生きているかどうかはわからない。
この思考実験の結果を用いて、量子力学の実験から導かれる結論が異常であることを指摘しました。

>

シュレーディンガーの猫を使った文章・例文

  1. 射影公準の収縮について取り扱ったシュレーディンガーの猫は、量子力学の矛盾を鋭く指摘する思考実験として現代においてもよく知られている。
  2. シュレーディンガーの猫は元々物理学の問いとして誕生したものだが、因果関係を重視する哲学の世界でも興味を持たれているものの一つである。
  3. シュレーディンガーの猫のような思考実験を思いつくあたり、物理学者は哲学者としての一面も備えているのかもしれないと思った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ