「注意喚起」とは?意味や使い方を解説!

「注意喚起」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「注意喚起」について解説します。

目次

  1. 注意喚起
  2. 注意喚起の意味とは
  3. 注意喚起を使った文章・例文

注意喚起

注意喚起」という言葉について解説します。

冬は火事が起きやすいので注意喚起する。といったように使われるこの「注意喚起」という言葉。

皆さんも見聞きしたことがあると思いますが、正しい意味や使い方をしっかりご存知でしょうか。

そこまでかっちりとした押さえ方ではないにしろ、意味も使い方もほとんど分かっているという方は多いと思いますが、ここで一度きちんと整理してみましょう。

ぜひ最後までご覧いただき、注意喚起の意味、使い方、例文を通して把握してみてください。

 

注意喚起の意味とは

注意喚起とは「周囲の人や、組織・住民などのグループに対して、特定のことに関する注意を促すこと」という意味の言葉となっています。

文字にすると意外と長く複雑になりますが「とあることに注意しましょう」と促すことです。

道路わきに立っている「よそ見運転注意」の看板は、ドライバーというグループに対して注意を促す注意喚起ですし、

火の用心などの掛け声は周囲の住民に対して火事という特定のことに関する注意喚起となります。

そう考えると駅には痴漢やスリなどに対する注意喚起、歩道には段差やスリップなどの注意喚起の貼り紙などがあり、かなり身近な言葉とも言えるかもしれませんね。

 

>

注意喚起を使った文章・例文

  • 道路にはドライバーに対する様々な注意喚起の看板があるが、中にはユニークなものもある。
  • ビジネスの場で、取引相手に対して注意喚起する場合、言い方には細心の注意を払う必要がある。
  • 防災意識を高めて、普段から注意喚起しておくことが本当に大切だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ