「逃げるが勝ち」とは?意味や使い方を解説!

「逃げるが勝ち」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「逃げるが勝ち」について解説します。

目次

  1. 逃げるが勝ち
  2. 逃げるが勝ちの意味とは
  3. 逃げるが勝ちを使った文章・例文

逃げるが勝ち

逃げるが勝ち」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

実生活ではあまり使われる言葉ではないため、逃げることがどんな利益をもたらすのか、ちょっとよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
不正や汚職の疑惑をかけられた政治家が、辞職した途端に罪を追及されなくなったり、ブラック企業に務めてしまった時の対処法など、社会の様々な場面で重要になってくる言葉のため、この機会にしっかりと理解しておきましょう。

ここではそんな「逃げるが勝ち」について意味や使い方などをご紹介していきます。

逃げるが勝ちの意味とは

逃げるが勝ちとは、「無駄な戦いを避けることで、結果として利益を得ること」を意味します。

勝ちを収めたとしても得が少ないこと、あるいは勝ちを収めることが難しい場合や、戦うことそのものにあまり意味がない場合など、戦わずに逃げた方が利益が大きい状況、あるいは逃げることでしか利益が得られない状況などを指します。

類語に「負けるが勝ち」という言葉があり、争わずに勝ちを相手に譲ってしまうことや、早めに負けてしまった方が良いという意味など、負けてしまった方がかえって利益を得られることを指します。

>

逃げるが勝ちを使った文章・例文

  1. 相手は全員年上の高校生で、しかも4人組。正面から戦うのははっきり言って無駄。ここは逃げるが勝ちだ。
  2. 政治家はどんなことをしても逃げるが勝ちなのに対し、市民は逃げても追及されるのは絶対におかしい。
  3. 妻はなにがあっても意見を曲げないから、口喧嘩はさっさと負けるが勝ちだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ