「読解力」の意味とは?意味や使い方を解説!

「読解力」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「読解力」について解説します。

目次

  1. 読解力
  2. 読解力の意味とは
  3. 読解力を使った文章・例

読解力

読解力」という言葉について解説します。

みなさんもこの「読解力」という言葉を度々見聞きしてきたかと思います。

学生の頃はもちろんですが、大人になってから社会人になってからもこの言葉に触れる機会が多いのではないでしょうか。

この言葉の意味ももちろんご存知だとは思いますが、常日頃から触れる言葉だけに、きちんとした意味を把握しておきたいですよね。

ここではそんな「読解力」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

読解力の意味とは

>

読解力とは「文章を読んで、その内容を把握し理解する能力」という意味になっています。

読解=文章を読んで、その内容を把握すること。意味を読み取ること。という意味ですので、その力のこをと読解力と言います。

読解力と聞いてパッと思い浮かぶのは国語の試験ですが、この能力は大人になってからも様々な場面で必要となります。

ちなみに、この読解力は読み解く力ですが、要約する力とも言われています。

その文章が何を言いたいのかを把握するということはイコール要点を押さえるということになります。

よく読解力を鍛えるには?といったことが話題になりますが、ある文章を短く端的に
・何について述べているか
・結論は何か
というポイントを押さえて文章を作り直すことが読解力を鍛える方法の一つのようです。

みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

読解力を使った文章・例

  • 現代では子供の読解力の低下が懸念されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ