「浪費癖」の意味とは?意味や使い方を解説!

「浪費癖」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「浪費癖」について解説します。

目次

  1. 浪費癖
  2. 浪費癖(ろうひへき)の意味とは
  3. 浪費癖を使った文章・例

浪費癖

浪費癖」という言葉について解説します。

皆さんはこの浪費癖という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

親にそう言われて叱られた、自分の浪費癖を治したい、旦那・妻が浪費癖があって…などなど、この言葉は意外と身近な言葉なのでご存知の方は多いかもしれません。

しかし、身近な言葉だからこそきちんとした意味は調べたことがないといったことは多々あります。

ここではそんな「浪費癖」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

浪費癖(ろうひへき)の意味とは

>

浪費癖(読み方・ろうひへき)とは「金銭などをやたらにどんどん無駄遣いする習性」という意味の言葉となります。

買い物や食べ物など本当に必要でなくても無駄遣いしてしまうことは誰しもありますが、それが習慣化していて癖になっていることを浪費癖と言います。

ちなみに、この言葉の正しい読み方は「ろうひへき」で「ろうひぐせ」ではありません。意外とご存じなかった方は多いのではないでしょうか?自分もその一人

買い物をすること自体に多少の快感があるので、浪費癖が身についてしまうのかもしれません。

解決方法としてネットでは貯金を習慣づけるなどが紹介されていますがそもそもそれができれば浪費してないなかなか実践するのは難しいかもしれませんね。

浪費癖を使った文章・例

  • 大好きで付き合った彼氏がめちゃくちゃ浪費癖のある人で、付き合って三か月で金を借りに来て幻滅した。
  • 浪費癖を治す取り組みとして、家計簿をつけることにした。本当に必要なものは買ったものの中で一割くらいだった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ