「拘り(こだわり)」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「拘り(こだわり)」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「拘り(こだわり)」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 拘り(こだわり)
  2. 拘り(こだわり)の意味とは
  3. 拘り(こだわり)の使い方・例文

拘り(こだわり)

拘り(こだわり)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

日常的に使われるポピュラーな言葉で、ほとんどがポジティブな意味で用いられていますが、本来「拘り」は悪い意味で使われていたというのをご存知でしょうか。

ここでは普段何気なく使っている「拘り」について、本来の意味や類語、なぜ漢字が「拘」になるのかという語源や、英語での表現など、詳しくご紹介していきます。

拘り(こだわり)の意味とは

>

拘りとは、主に「信念」や「譲れないもの」を指して用いられますが、本来は「考え方が一つのことに縛られてしまっている」ことを意味する言葉になります。

他の様々な考え方や選択肢がある中で、あえて1つのことしか考えないという意味の「拘泥」が語源で、本来は悪い意味で用いられていましたが、次第に良い意味で用いられるようになったとされています。

拘りの類語・英語

拘りの類語には、一般的な意味の類語には「信念」や「意地」「頑固」などが挙げられ、本来の悪い意味の類語には「閉鎖的」や「分からずや」などが挙げられます。

ちなみに、英語では「picky about」や「particular about」などの表現がこだわりに近いとされています。また、カタカナ語として一般的な「policy(ポリシー)」も近いとされますが、ポリシーには「こだわり」の本来の意味のように悪い意味は含まれません。

拘り(こだわり)の使い方・例文

  1. 女性に頭を下げないという余計な拘りが邪魔してしまって、いつまでも妻と仲直りができない。
  2. メールならひらがなで良いのに、あえて「むしろ」を「寧ろ」と漢字で書くのは、なにか拘りがあるからなのだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ