「あっけにとられる」とは?意味や使い方を解説!

「あっけにとられる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「あっけにとられる」について解説します。

目次

  1. あっけにとられる
  2. あっけにとられるの意味とは
  3. あっけにとられるの類語
  4. あっけにとられるを使った文章・例文

あっけにとられる

あっけにとられる」という言葉の意味や使い方について解説します。

漢字では「呆気に取られる」と書きます。

この「あっけにとられる」という言葉は、日常会話やビジネスの場でも自然と使用されるため、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

主に「予想外の出来事に驚くと同時に呆れる。」や「驚いてぽかんとする。」といった意味を持つ言葉です。

よく使用する言葉ほど、間違った意味で理解していると恥をかいてしまうので、この機会に「あっけにとられる」について詳しく知っていきましょう。

あっけにとられるの意味とは

あっけにとられるとは「予想外な事に出会い、驚くと同時に呆れること。驚いてぽかんとする様子。驚いてぼんやりとする様子。」という意味を持つ言葉です。

漢字では「呆気にとられる」と書きます。

また、同じ「呆気」が入った言葉に「呆気ない」があります。

呆気ないとは「予想外に内容が貧弱で、期待外れであったり物足りないこと。おもしろみがないこと。」という意味を持つ言葉です。

>

あっけにとられるの類語

「あっけにとられる」ということわざを「呆れて言葉がでない様子」という意味で使用する場合の類語は以下になります。

  • 開いた口が塞がらない
  • 唖然とする
  • 言葉が出ない
  • 呆然とする
  • 二の句が告げない
  • 絶句する
  • 愕然とする

そして「驚いて呆然となること」という意味で使用する場合の類語は以下になります。
 
  • 呆れかえる
  • 呆れてものが言えなくなる
  • 言葉を失う
  • 茫然とする
  • 茫然自失する
  • 放心状態になる

あっけにとられるを使った文章・例文

  1. 彼の不謹慎な発言にしばしあっけにとられてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ