「快楽」の意味とは?意味や使い方を解説!

「快楽」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「快楽」について解説します。

目次

  1. 快楽
  2. 快楽の意味とは
  3. 快楽を使った文章・例

快楽

皆さんは「快楽」という言葉をご存知でしょうか。

簡単に言えば「気持ち良いという感情」のことです。
皆さんが最近「快楽」を感じたのはどんな時でしょうか?

今回は「快楽」という言葉について詳しく解説します。

快楽の意味とは

>

快楽とは「気持ち良い、心地よいという感情。主に、官能的な楽しみを感じること」という意味です。
読み方は「かいらく」です。

官能というと性的なことに関係していると思いがちですがそれだけにとどまらず、感覚器官が快いと感じること全てを指します。
たとえば「美味しいものを食べる」ということも官能の一つであり、それによって心地よいと感じれば「快楽」なのです。

「快楽」という言葉は「快楽をむさぼる」「快楽に溺れる」という使い方からも分かる通り、あまり良くないイメージの用例が多いです。
これは「快楽」が原始的な感情であり、過剰に求めすぎれば社会活動に支障をきたす危険性があるからです。
「快楽」を得るために犯罪を犯したり、他人の心身に危害を加えたりといったことも引き起こされてしまいます。

さらに「快楽」を感じることは、必ずしも本人の心身にとって良い影響を及ぼすとは限りません。
美味しいものを食べすぎれば肥満を始めとした健康被害が発生します。特に「快楽」を得やすい飲酒は、泥酔による周囲への被害やアルコール依存を引き起こします。
また違法薬物なども一時の「快楽」を引き起こしますが、その後どうなるかは言うまでもないでしょう。

「快楽」とうまく付き合って生活することが、何より大切なのです。

快楽を使った文章・例

  1. あいつは自分のしたいことしかしない快楽主義者だ。
  2. ここ最近の快楽は、全国の名物をお取り寄せして食べることだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ