「啓蒙」とは?意味や使い方を解説!

「啓蒙」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「啓蒙」について解説します。

目次

  1. 啓蒙
  2. 啓蒙の意味とは
  3. 啓蒙の使い方・例文

啓蒙

皆さんは、「啓蒙(けいもう)」という言葉をご存知でしょうか。
単語を見たことがあっても、読み方を知らないという方も少なくないと思います。
「啓蒙活動(けいもうかつどう)」など、様々な場面で使われる言葉なので見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。
この記事では、「啓蒙」の意味を解説させていただきます。

啓蒙の意味とは

「啓蒙(けいもう)」とは、「無知な人を啓発して正しい知識を与え、導くこと」「人に正しい知識を与えて合理的な考え方ができるよう導くこと」という意味のある言葉です。「けいもう」という読み方をします。
啓蒙とは、人に何かを教えることを指します。専門的な知識を人に教えるセミナーを開講したり、本を書いて出版することも一種の啓蒙活動だと呼べます。一般的に啓蒙とは、立場の高い人が下の人に対して使う言葉です。その為、「啓蒙してもらう」など、教わる立場の視点で使われることはありません。
また、啓蒙は不適切な単語として認識されることも多い言葉なので、使う際には注意が必要です。
啓蒙の「蒙」には、「愚かで無知」という意味があります。その為、啓蒙という言葉は相手を愚かな人、無知な人と扱っていると解釈ができることから、差別用語や不適切な用語として認識されてしまうことがあります。
その為、現代では「啓蒙」ではなく「啓発(けいはつ)」という言葉を使用することが多くなっています。

>

啓蒙の使い方・例文

ここで、「啓蒙(けいもう)」を使った例文をご紹介します。

1.都会で学んだ者として、村にファッションを啓蒙したいと考えている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ