「越える」と「超える」の違いとは?それぞれの意味を解説!

「超える」と「越える」の意味の違いについて解説します。「壁をこえる」はどちらの漢字?それぞれの意味について解説します。

目次

  1. 「越える」と「超える」の意味とは
  2. 「越える」と「超える」の使い分け
  3. 「越える・超える」を使った文章・使い方

「越える」と「超える」の意味とは

使い分けが難しい2つの言葉として「越える」と「超える」が存在します。

どちらも「こえる」と呼ぶことができ、漢字もとても似ています。

それ故に使い分け方を把握していない人がとても多いです。

皆さんは「壁をこえる」の「こえる」は「越」か「超」のどちらを使用するかわかりますか?

まずは、それぞれの「こえる」の意味を確認しましょう。

越える

「越える」とは「物や物体もしくは境界などを通り過ぎその向こうへと行くこと、時間の経過を表すこと」です。

「越える」は場所や時、境界、決められた枠などを通りすぎることを意味します。

たとえば「山を越える」や「夏が越えて秋が来る」のように使用されます。

超える

「超える」とは「数量・基準・限度を上回ること」を意味します。

「超える」は基本的には数字や決められた定量を通り過ぎる、オーバーする際に使用されます。

たとえば「年齢が30歳を超える」や「募集定員を大幅に超える」のように使用されます。

「越える」と「超える」の使い分け

「越える」と「超える」のそれぞれの意味と使い方はある程度わかったかと思います。

しかし、実際に使い分けをしようとするととても難しいです。

  • 「越える」は「物体や障害に対して使用」
  • 「超える」は「数字や決められた定数に対して使用」

簡単に区分するとしたらこのように整理できます。

つまり最初に記載した「壁をこえる」は物体もしくは障害を表すため、「越」の方を使用します。

また「超越」という言葉は、「物体も時などの数値をも凌駕する」ことを意味します。

「越える・超える」を使った文章・使い方

「越える」と「超える」のそれぞれの例文を紹介します。

【越える】

  1. 研究班が国境を越える
  2. 東京都を越えて千葉県に入る

【超える】
  1. テストで目標の点数を超える
  2. フルマラソンで20kmを超えた地点

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ