「良心の呵責」とは?意味や使い方を解説!

「良心の呵責」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「良心の呵責」について解説します。

目次

  1. 良心の呵責
  2. 良心の呵責の意味とは
  3. 良心の呵責を使った文章・例文

良心の呵責

良心の呵責」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「良心の呵責」という言葉は、新聞やニュースなどで目にする機会が多いかもしれません。

比較的よく聞く言葉なので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

よく「良心の呵責に苛まれる」や「良心の呵責に耐えられない」「良心の呵責を感じる」といった使い方をします。

悪いことをしてしまった自分に対し、心を痛めることや後ろめたさ、罪悪感といった意味を持ちます。

今回は、そんな「良心の呵責」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

良心の呵責の意味とは

良心の呵責とは「悪いことをしてしまった自分に対し、心を痛めること。悪い、いけないとわかっていながらやってしまったことを思い出して心で苦しむこと。後ろめたさ。罪悪感。」という意味を持つ言葉です。

特に、後ろめたさや罪悪感といった意味合いで使用することが多いです。

よく「良心の呵責に耐えられない」や、「良心の呵責を感じている」、「良心の呵責に苛まれる」といった使い方をします。

この「良心の呵責」という言葉の中にある「良心」とは「道徳的な善悪を判断し、正しく行動しようとする心理。」という意味を持つ言葉です。

そして「呵責」とは「責めて苦しめること。叱り責めること。」という意味を持つ言葉です。

 

>

良心の呵責を使った文章・例文

  1. 孫は花瓶を割ってしまったことを最初は隠していたが、良心の呵責に耐えられなかったようで泣きながら白状した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ