「お中元」とは?意味や時期を解説します!

「お中元」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「お中元」について解説します。

目次

  1. お中元
  2. お中元の意味とは
  3. お中元の時期とは

お中元

お中元」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

毎年必ず耳にする言葉ですが、どういうものなのか、またどの時期に行われるものなのか、知らないという方は意外に多いのではないでしょうか。
人付き合いをする上でとても重要なものなので、この機会に是非覚えておきましょう。

ここでは日本人なら絶対に知っておきたい「お中元」について、意味や時期、「お歳暮」との違いなどを詳しくご紹介していきます。

お中元の意味とは

お中元とは、「夏のご挨拶として品やお礼状を贈る習慣」のことを意味します。

御中元とも表記され、夏の挨拶として行われます。
元々は中国道教の年中行事の一つで、日ごろの感謝を込めた品と、お礼状を添えて贈るのが一般的となっています。

ちなみに、お中元と混同されがちな「お歳暮」は、一年の締めくくりとして贈るものになり、意味も時期も大きくことなるため注意が必要です。また、同じく混同されがちな「暑中見舞い」についても、理由があってお中元を贈れなかった場合などに贈るもののため、別の行事になります。

>

お中元の時期とは

お中元の時期は地域によって大きくことなりますが、主に「7月初旬から8月15日まで」の間に行われています。

北海道・関西・中四国地方では「7月15日から8月15日までの間」、東北及び関東では「7月初旬から7月15日まで」、北陸地方では地域によってそのいずれか、九州では「8月1日から8月15日まで」など、地域によって差があり、御中元を受け取る地域に合わせて贈るのがマナーとされています。

この時期を過ぎてしまった場合は、8月9日頃に行われる「暑中見舞い」や、8月16日以降の「残暑見舞い」などに変えて贈ってもよいとされています。
 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ