「お手すき」とは?意味や使い方を解説します!

「お手すき」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「お手すき」について解説します。

目次

  1. お手すき
  2. お手すきの意味とは
  3. お手すきの使い方・例文

お手すき

お手すき」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「お手すき」という言葉は、ビジネスシーンにおいてよく使用されます。

敬語表現で「お手すきの際にでも目を通していただけますと幸いです。」といった使い方をします。

一般的によく使用される言葉であるため、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

また、漢字表記では「お手透き」とも「お手隙」とも書きます。

一般的には無理に漢字表記せず「お手すき」と書く場合が多いです。

今回は、そんな「お手すき」について深く理解していきましょう。

お手すきの意味とは

>

お手すきとは「仕事の合間などに、手が空いているとき。」という意味を持つ言葉です。

使い方としては「お手すきの際にでも目を通していただけると幸いです。」といった使い方をします。

この「お手すき」という言葉には「相手の時間に余裕があるときにでも」という配慮の意味が込められています。

ビジネスシーンでよく使用される言葉であり、使用されるシーンには特に急ぎではない用事を依頼する際や、相手に時間的余裕があるか尋ねたい際などが挙げられます。

敬語表現で使われ、同じ立場や部下などには使用しません。

漢字表記では「お手透き」や「お手隙」と書きます。

ビジネスシーンなどで使用する際には、無理に漢字表記にする必要はなく「お手すき」という書き方でおおむね問題ありません。

お手すきの使い方・例文

  1. 先方にお手透きの際にという言葉を使うと、用件を後回しにされる場合もあるため急ぎの際には使用しないほうが良い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ