「敬虔」とは?意味や使い方を解説します!

「敬虔」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「敬虔」について解説します。

目次

  1. 敬虔
  2. 敬虔の意味とは
  3. 敬虔の使い方・例文

敬虔

「敬虔」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「けいけん」ですが、皆さんはご存じでしょうか。

使い方としては「敬虔が深い」や「敬虔主義」「敬虔なクリスチャン」といった表現が一般的です。

「うやまい、慎む気持ちが深いようす。」という意味を持つ言葉です。

今回は、英語に訳した場合の意味についても解説します。

少し難しい言葉の「敬虔」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

敬虔の意味とは

>

「敬虔」という言葉の意味について解説します。

敬虔とは「うやまい、慎む気持ちが深いようす。特に、神仏を深くうやまって仕えるようす。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「けいけん」となります。

使い方としては「敬虔主義の彼は、母親の病気が早く治るように毎日お祈りしている。」や「敬虔が深い」といった表現が一般的です。

この「敬虔」という言葉を分けて解説します。

まず、敬とは、うやまうとも読み「相手を尊み、礼をつくす。尊敬する。」という意味の言葉です。

次に、つつしむとは「身の程をわきまえ、相手に深い敬意を示す。」といった意味を持ちます。

また、敬虔は英語で「Pious」と訳されます。

「信仰心が深い」といった意味があります。

使い方としては「敬虔な」といった意味で使用されますが「偽善的な」という悪い意味もあります。

敬虔の使い方・例文

  1. 敬虔なクリスチャンの彼は、毎日欠かさずお祈りをしている。
  2. 敬虔主義の彼は、病気になってしまった母親が早く回復するように、毎日神社に通って神頼みしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ