「コンスタント」とは?意味や使い方を解説!

「コンスタント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンスタント」について解説します。

目次

  1. コンスタント
  2. コンスタントの意味とは
  3. コンスタントを使った文章・例文

コンスタント

皆さんは「コンスタント(constant)」という言葉をご存知でしょうか。

意外と意味を勘違いして使っている人が多いようです。
正しい意味のヒントとして、数学用語では「定数」と訳す言葉だということを挙げておきましょう。

今回は「コンスタント」という言葉について詳しく解説します。

コンスタントの意味とは

コンスタントとは「いつも一定している様子の。恒常的な。不変の。」「数学、物理学における定数」という意味です。

英語では「constant」と綴ります。
意味は、カタカナ語の「コンスタント」とほぼ同じです。

用例としては「あの作家はコンスタントに新刊を出す方だ」などが挙げられます。
この場合の「コンスタント」とは、3か月おきや半年おき、1年おきなどのように「一定の間隔を空けて」という意味になります。
仮にそれが5年ごとという長期間だったとしても「コンスタント」という言葉を使うことができます。

逆に、2か月空いたと思ったら次は半年後、その次は3か月後というように不定期で規則性がない場合は「コンスタント」は使えません。

以上の説明でお分かりいただいたと思いますが、「コンスタント」とは「頻繁に」という意味ではありません。
1か月おきであっても5年おきであっても、それが一定の感覚として守られているならば「コンスタント」が使えます。
一定の法則が不変の状態で存在するというのが「コンスタント」なのです。

>

コンスタントを使った文章・例文

  1. 習い事は、コンスタントに通ったほうが良いよ。その方が身につくからね。
  2. コンスタントな進捗管理を行うことで、不測のトラブルを減らすことができる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ