「エビデンス」とは?意味や使い方を解説します!

「エビデンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「エビデンス」について解説します。

目次

  1. エビデンス
  2. エビデンスの意味とは
  3. エビデンスの使い方・例文

エビデンス

エビデンス」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「エビデンス」という言葉は、英語の「evidence」が由来です。

一般的な用語として使用される機会は少なく、医学やIT、ビジネス用語として使用されます。

使い方としては「新しいがん治療のエビデンスを示す。」といった表現が一般的です。

さまざまな専門分野で異なる意味合いで使用される言葉でもあります。

今回は、そんな「エビデンス」について詳しく解説します。

この機会に深く知っていきましょう。

エビデンスの意味とは

>

エビデンスという言葉の意味について解説します。

エビデンスという言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「証拠。証言。」という意味になります。

使い方としては「彼が犯人だと言うならしっかりとエビデンスを示してください。」といった表現が一般的です。

続いて2つ目は「医学において、臨床結果などの科学的な根拠。その治療が良いとされる証拠。」という意味になります。

使い方としては「新しいがん治療を勧められたが、医者から納得がいくエビデンスが示されなかったので、試そうか悩んでいる。」とった表現が一般的です。

 由来は、証拠や根拠などの意味を持つ英語の「evidence」です。

一般的な用語として使用される機会は少なく、ITやビジネス、学術用語などとして使用されます。

エビデンスの使い方・例文

  1. 彼が事務所のカギを盗んだ犯人だと決めつけるのなら、それなりのエビデンスを示さないと名誉毀損で訴えますよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ