「エージェント」とは?意味や使い方を解説!

「エージェント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「エージェント」について解説します。

目次

  1. エージェント
  2. エージェントの意味とは
  3. エージェントを使った文章・例文

エージェント

エージェント」という言葉をご存知でしょうか?
なんとなくドラマや映画なんかで聞いたことがあるという方も多いと思います。なんだかちょっとカッコいい響きですが、ではいったいどういう意味なのでしょうか。
今回は「エージェント」について解説します。
 

エージェントの意味とは

「エージェント」とは、英語で「agent・代理人」を意味する外来語です。代理人とは、本人に代わって交渉や取引・契約を代行する人のこと。
また、エージェント業務をする会社のことを「エージェンシー(agency)」といいます。
 

>

IT用語としての「エージェント」

コンピューターが、自律的に情報処理や状況判断を行い、適切に処理を実行するユーザーインターフェース技術のことです。ユーザーインターフェース(UI)とは、人間とコンピューターとのやり取りをスムーズにするための技術の総称です。
ユーザーや他のソフトウェアとの仲介的役割を自律的に動作するソフトウェアをソフトウェアエージェント(software agent)と呼びます。

スパイとエージェント

諜報活動をする人、つまりスパイのことをエージェントと呼ぶことがあります。英語では、敵をスパイ、味方の諜報員をエージェントと呼んで区別しているそうです。

また、スパイの分類として、CIAなど政府の情報機関に正式に所属する職員をインテリジェンスオフィサーといい、インテリジェンスオフィサーの協力者として情報収集などをする人をエージェントと云う場合もあります。
 

エージェントを使った文章・例文

1.効率的な転職活動のため、転職エージェントに依頼した。
2.ソフトウェアエージェントは、AI(人工知能)の発展により機能の向上が見込める。
3.現実には、007のジェームズ・ボンドみたいなエージェントはいない。
 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ