「アポカリプス」とは?意味や使い方を解説します!

「アポカリプス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アポカリプス」について解説します。

目次

  1. アポカリプス
  2. アポカリプスの意味とは
  3. アポカリプスの使い方・例文

アポカリプス

アポカリプス」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「アポカリプス」という言葉は、日常生活で一般的に使用される言葉ではないため、耳なじみのない方も多いかもしれません。

英語では「apocalypse」と書きます。

キリスト教が関係する言葉で、意味はやや難解です。

新約聖書の「ヨハネの黙示録」のギリシャ原題が由来の言葉です。

もともとは「開示する」や「暴露する」といった意味を持っており、現代でもそのような意味合いで使用する場合があります。

今回は、そんなアポカリプスについて詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

アポカリプスの意味とは

>

アポカリプスとは「キリスト教おいて、黙示を指す単語。」という意味を持つ言葉です。

新約聖書「ヨハネの黙示録」のギリシャ原題が「アポカリプス・イオアノ」であることが由来です。

イオアノとは「ヨハネ」のことであるため、アポカリプスが黙示または黙示録にあたります。

また、アポカリプス(apocalypse)は、ギリシャ語で「開示する」や「暴露する」といった意味がある言葉でした。

現在使われている「黙示」や「アポカリプス」にも「隠された真理。神が知識を人々に開示し、伝える。」といった意味合いは残っています。

加えて、ヨハネの黙示録の内容が終末論的であったことから「アポカリプス」には「人類滅亡」や「最後の審判」といった要素も含まれています。

アポカリプスの使い方・例文

  1. アポカリプスは、ヨハネの黙示録の原題アポカリプス・イオアノからきている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ