「ピッチングウェッジ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ピッチングウェッジ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ピッチングウェッジ」について解説します。

目次

  1. ピッチングウェッジ
  2. ピッチングウェッジの意味とは
  3. ピッチングウェッジを使った文章・例

ピッチングウェッジ

皆さんは「ピッチングウェッジ」という言葉をご存知でしょうか。

ゴルフクラブの一種であり、セット販売の中に含まれていることが多いので、愛好家の方にはお馴染みではないでしょうか。

今回は「ピッチングウェッジ」という言葉について詳しく解説します。

ピッチングウェッジの意味とは

>

ピッチングウェッジとは「ゴルフに使うクラブの一種。ボールを高く打ち上げてグリーン付近からカップに近づくのに使うもの」です。

ゴルフクラブの種類の中では、グリーン周りから短い距離を飛ばしてカップに近づける役割を持つ「ウェッジ」に分類されます。
飛距離は約100ヤードで、短距離から中距離の間を飛ばしてグリーンに乗せたいときに使います。
しかし慣れていないとスイングで地面を削ってしまいミスショットとなりやすいので、練習して感覚をつかむ必要があります。

同じ「ウェッジ」のクラブにはあまり高く打ちあがらないけれど転がる距離が長い「アプローチウェッジ」や、バンカーに入ってしまったボールを打ち上げる目的で使う「サンドウェッジ」などがあります。

「アイアン」という種類のクラブをまとめて販売する「アイアンセット」の中には、別種であるにもかかわらず「ピッチングウェッジ」が含まれているのが基本です。
それに加えて初心者向けのアイアンセットには「アプローチウェッジ」も入っていることがあり、これらのクラブが幅広いプレイヤーに愛用されている扱いやすいものであることが伺えます。

ピッチングウェッジを使った文章・例

  1. ピッチングウェッジでのショット練習は、ボールを打つ前にまず素振りをすることをお勧めする。
  2. ピッチングウェッジを新調しようと思っているが、どれを選べばいいか分からない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ