「プレオープン」とは?意味や使い方を解説します!

「プレオープン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プレオープン」について解説します。

目次

  1. プレオープン
  2. プレオープンの意味とは
  3. プレオープンの使い方・例文

プレオープン

プレオープン」という言葉について解説します。

みなさんはこの「プレオープン」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

広告やTVCMなどでは「グランドオープン」という言葉は度々目にするかと思いますが、プレオープンはそれに比べると少ないかもしれません。

また、同じくプレがつく言葉としてプレ販売・プレ物販といった言葉もあります。

ここではそんなプレオープンという言葉について、グランドオープンとの違いや、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

プレオープンの意味とは

>

プレオープンとは「公共施設や商店・飲食店などが、正式な開館、開業にさきがけて一部の人々に公開すること」という意味の言葉となっています。

プレという言葉には「あらかじめ・以前の」という意味があるのでオープンする前のオープンといった感じになります。

一方、グランドオープンの意味ですがこちらは「正式な開店」「本番開店」といった意味になります。

この違いは併せて覚えておくと良いと思います。

また、プレ販売・プレ物販についても同様で、コンサートなどのイベントよりも前の日にグッズを先行販売することをプレ販売・プレ物販と言います。

プレ~~という言葉に出会ったら、本番前に~~すること。といった感じで受け取っても良いのかもしれません。

プレオープンの使い方・例文

  • プレオープンをせずにぶっつけ本番で開店したら、想定外のことだらけでてんやわんやだった。
  • プレオープンとはいえ、お客さんが入ってくる以上きちんとした接客をしなければならない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ