「オートクチュール」とは?意味や使い方を解説します!

「オートクチュール」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オートクチュール」について解説します。

目次

  1. オートクチュール
  2. オートクチュールの意味とは
  3. オートクチュールの使い方・例文

オートクチュール

オートクチュール」という言葉について解説します。

みなさんもどこかで一度は見聞きしたことがあるであろうこの「オートクチュール」という言葉。

イメージではファッション系の話題で出てくる。と感じてる方が多いかもしれません。

独特な語感があるので、一度聞いたら覚えてしまう言葉ではありますが、意味となるとまた別の話ではないでしょうか。

ここではそんな「オートクチュール」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

オートクチュールの意味とは

>

オートクチュールとは「フランス語で高級衣裳店」という意味の言葉となっています。

意味としては高級衣裳店ですが、一般的にはパリ・オートクチュール組合に属するものを指して言うようです。

代表的なものとしてディオール、ジバンシー、サン・ローランなどが挙げられ、シーズンごとにコレクションを開き新作を発表します。

ということで、「この洋服オートクチュールなのよ~」と言った場合は「この洋服高級ブランドなのよ~」という意味になることが分かると思います。

ちなみに、フランス語ではオート=高級な、クチュール=縫製・仕立てという意味なので、オートクチュール=高級衣裳店となっています。

オートクチュール=庶民の憧れ、高級ブランドといった感じで覚えておいても良いかもしれませんね。

オートクチュールの使い方・例文

  • 祖母は、若いころに祖父に買ってもらったドレスを、オートクチュールだからと、ずっと大切にしまっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ