「マルチタスク」の意味とは?意味や使い方を解説!

「マルチタスク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マルチタスク」について解説します。

目次

  1. マルチタスク
  2. マルチタスクの意味とは
  3. マルチタスクを使った文章・例

マルチタスク

マルチタスク」という言葉について解説します。

みなさんはこの「マルチタスク」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

日常生活の中でというよりも、ビジネスシーンで使われることが多い言葉なので、若者や学生には馴染みが薄いかもしれません。

とはいえ、徐々に浸透し始めてきている言葉ですし、ビジネスシーンで使われるということもあります。

知らなかったり、誤用したりしていらぬ恥をかかないように、ここで一度押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「マルチタスク」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

マルチタスクの意味とは

>

マルチタスクとは

  1. 2つ以上のプログラムを、1台のPC内で見かけ状同時に実行すること。あるプログラムの入出力の待ち時間に別のプログラムを実行すること。
  2. 同時に複数の仕事をすること。また、そのさま
という意味の言葉となります。

1の意味はPC用語としての意味になるので、ビジネスシーンでよく使われるのは2の「同時に複数の仕事をすること」という意味となります。

混同しやすい言葉として「ながら作業」が挙げられますが、ながら作業というのは片手間でできることをいくつかやっているに過ぎないため、意味合いが全く異なります。

よくある格好悪い使い方としては、単に片手間のながら作業をしているにも関わらず「マルチタスクをこなすと疲れるわ~」と、ドヤったりすることと言えるでしょう。たまにこういう人がいます。
 

マルチタスクを使った文章・例

  • 主婦・主夫がこなす家事全般はマルチタスクであると言われている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ