「アンバサダー」とは?意味や使い方を解説!

「アンバサダー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アンバサダー」について解説します。

目次

  1. アンバサダー
  2. アンバサダーの意味とは
  3. アンバサダーを使った文章・例文

アンバサダー

アンバサダー」という、言葉の意味や使い方について解説します。

英語では、「Ambassador」と書きます。

この「アンバサダー」という言葉は、テレビや雑誌、新聞などで目にしたことがある方が多いのではないでしょうか。

よく「アンバサダーホテル」や「アンバサダーマーケティング」という言葉が使われています。

この「アンバサダー」という言葉は、耳馴染みはあっても正しい意味までをご存知の方は、少ないかもしれません。

この機会に、「アンバサダー」という言葉についてしっかりと理解していきましょう。

アンバサダーの意味とは

アンバサダー(Ambassador)という言葉の意味は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目は「大使。使節。」という意味になります。

2つ目は「代表。代理人。」という意味で、一般的には、大使。代表。と翻訳されます。

そして、3つ目は「企業の商品やブランドを応援、支援する顧客」という意味になります。

近年では、3つ目の意味でこのアンバサダーという言葉が使われることが多いです。

加えて、「アンバサダーマーケティング」とは「ソーシャルネットワークを通して、企業のブランドや商品を紹介してくれる顧客を増やしていくマーケティングの手法」という意味になります。

ソーシャルネットワーク上で、顧客同士のコミュニケーションが生まれることで、宣伝の効果が長続きするというメリットがあるマーケティング方法になります。

アンバサダーを使った文章・例文

  1. 近年、アンバサダーマーケティングを取り入れ成功する企業が増えている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ