「アーリーリタイア」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アーリーリタイア」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アーリーリタイア」について解説します。

目次

  1. アーリーリタイア
  2. アーリーリタイア(early retirement)の意味とは
  3. アーリーリタイアを使った文章・例

アーリーリタイア

アーリーリタイア」という言葉について解説します。

経済系の雑誌やメディアなどを見ていると「夢のアーリーリタイア」なんて言葉を見かけますが、みなさんはこの言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

学生や若者など、これからの人にとってはあまり関係のない話かもしれませんが、現代の働き方、生き方に対しての考え方ともいえるのであながち無関係ではないかもしれません。

また、ある程度年齢を重ねた紳士淑女にとっては、身近でホットな話題とも言えそうです。

ということで、ここではそんな「アーリーリタイア」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

アーリーリタイア(early retirement)の意味とは

>

アーリーリタイア(early retirement)とは「定年退職の前に早期に退職すること。30代~50代に多い」という意味の言葉となっています。

定年退職を前に仕事を辞めるということで早期退職と同じと思われがちですが、一般的に早期退職といった場合は長く勤めていた会社を早期退職制度を利用して辞めることを指します。

それに比べアーリーリタイアとは、会社を辞めて完全に働かずに生活する。もしくは投資などをしつつ会社勤めをせずに悠々自適に暮らす。という意味合いが強い言葉となっています。

悠々自適というイメージから「夢のアーリーリタイア」といった言い方をするようです。

そりゃ働かずに生きていけたら夢のようですが、アーリーリタイアをするにはそれ相応の余裕や貯蓄が必要となりそうですね。

アーリーリタイアを使った文章・例

  • アーリーリタイアをしたのはいいが、仕事以外の趣味がない俺にとっては地獄のようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ