「バリエーション」とは?意味や使い方を解説します!

「バリエーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「バリエーション」について解説します。

目次

  1. バリエーション
  2. バリエーション(ヴァリエーション)の意味とは
  3. バリエーションの使い方・例文

バリエーション

バリエーション」という言葉について解説します。

「バリエーション豊かなラインナップ」「幅広いバリエーションを用意する」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも日常の中で見聞きすることがあると思います。

一般的にもごくごく当たり前に使われるようになったこのカタカナ語なので、意味はあまり深く考える機会はないかもしれません。

ですが、改めてバリエーションの意味は?と聞かれると説明に困ってしまうのではないでしょうか。

ということで、ここではそんな「バリエーション」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

バリエーション(ヴァリエーション)の意味とは

>

バリエーション(ヴァリエーション)とは

  1. 物事の変化。また、物の変型・変種など。
  2. 変奏曲
といった意味を持つ言葉となっています。

ということで、「バリエーション豊富なラインナップ」といった場合は、「変化(種類)が豊富なラインナップ」となることが分かると思います。

ヴァリエーション=変化。と覚えておくと分かりやすいかもしれませんね。

また、変奏曲というのも元々の曲を違う楽器や違うコードで演奏する=変化させて演奏するということなので、同じように覚えておくとよいのではないでしょうか。

ちなみに、バレエでいうところのバリエーションは「ソロで踊る曲」という意味で使われます。バリエーションはバレエの中でも複数の人ではなく、一人ないし二人で踊るものとなります。

有名なのは白鳥の湖ですが、みなさんもご存知ではないでしょうか。

バリエーションの使い方・例文

  • 一つの商品でもバリエーションをもたせないと今の時代はヒットしない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ