「リーガル」の意味とは?意味や使い方を解説!

「リーガル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リーガル」について解説します。

目次

  1. リーガル
  2. リーガルの意味とは
  3. リーガルを使った文章・例

リーガル

皆さんは「リーガル」という言葉をご存知でしょうか。

人によってイメージする者は異なるかと思われますが、今回は「リーガル」という言葉の本来の意味について詳しく解説します。

リーガルの意味とは

リーガルとは「法律に関する。合法的な。」という意味です。
英語では「legal」と綴ります。

店名やブランド名といった固有名詞以外ではこの言葉単独で使われることはほとんどなく、後ろについた言葉を修飾する形容詞として使われます。

たとえば、事業を行う上で犯す危険性がある、法令違反によるリスクを「リーガルリスク」、この「リーガルリスク」を管理することを「リーガルリスク・マネジメント」といいます。
大企業の多くは、適切に「リーガルリスク・マネジメント」を行うために法務部を置いています。

また、企業などを顧客として法律に基づいたアドバイスをすることを専門とした職業を「リーガルコンサルタント」といいます。
上記の法務部に所属、あるいは外部に所属している者と契約しているなどの形で企業へ法的な知識を提供しています。

日本で「リーガル」といえば、靴のブランド名を一番に連想する人が多いのではないでしょうか。
株式会社リーガルコーポレーションが運営するシューズショップが全国に展開されています。
ただしこちらの「リーガル」は「legal」ではなく「REGAL」と綴るので、上記の意味や使い方とは関係ありません。

>

リーガルを使った文章・例

  1. 取引先の企業とトラブルになり、リーガルコンサルタントに相談することとなった。
  2. ハラスメントによる社員同士のトラブルが起こった際のリーガルリスクは深刻だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ