「シニア」とは?意味や使い方を解説します!

「シニア」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シニア」について解説します。

目次

  1. シニア
  2. シニアの意味とは
  3. シニアの使い方・例文

シニア

シニア】という言葉について解説します。

皆さん、この言葉は見聞きした事はあるのではないでしょうか?
ニュースやTV番組などでも「シニア世代」など、何かと出てくるこのシニアという言葉。
そして、シニアって結局何歳からなの?って方も多くいるかもしれません。

知ってるよ!って方も、知らないよ!って方も、あるいは私はシニアだよ!って方も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなシニアという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

シニアの意味とは

>

シニアとは『年長者、上官、先輩、専従者や高齢者を指す。スポーツ界では上級者、年長者を指す。』という意味の言葉となっています。

自分の認識で合っていた!!!って方もいるのではないでしょうか?

目上の年長者の方を指す事が多く、シニア世代(高齢者世代)などとTVなどで取り上げられることが多いです。

では、ここで気になってくるのが、「一体何歳からがシニアなんだ!!!」ってことです。

実はこれ、定義はバラバラなのだとか。

というのも、60歳以上という括りが一般的に思われますが、企業などによっては50歳から上の方は一律「シニア」という括りにするところもあるのだとか。

ただWHO(世界保険機構)では、65歳以上と定められているようです。その中には前期高齢者、後期高齢者等の括りもあるようで、分かりやすいのか、わかりずらいのか・・・。

大体60歳以上をシニアと呼ぶ傾向にはありますが、うかつに『シニア世代ですね~。』なんて言うと、怒られてしまうかもしれないので、お年寄には要注意です!!!

シニアの使い方・例文

・シニア世代の方々お世話をする仕事です。
・75歳のお祖母ちゃんが『私はまだシニアではない!』と言いはる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ