「クラウドファンディング」とは?意味や使い方を解説します!

「クラウドファンディング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クラウドファンディング」について解説します。

目次

  1. クラウドファンディング
  2. クラウドファンディングの意味とは
  3. クラウドファンディングの使い方・例文

クラウドファンディング

皆さんは「クラウドファンディング」という言葉をご存知でしょうか。
略称である「クラファン」という形でよく使われます。

「群集」を意味する「クラウド(croud)」と「資金調達」を意味する「ファンディング(funding)」を合わせた言葉です。

クラウドファンディングの意味とは

>

クラウドファンディングとは「インターネットを介して、多くの人々から少しずつ資金調達をすること」という意味です。

何らかの事業を始めるための資金調達は、従来であれば銀行から融資を受けるのが一般的でした。しかしハードルが高く借りられないことも多く、それが難しい人が利用することが多いのが「クラファン」です。
インターネットを通じて支援者を募り、多くの人から無理のない範囲で資金を募るという方法です。

支援者には金額に応じて返礼品や優待券などさまざまな見返りがあります。
また起案主は支援者に対して、得た資金の用途や経過を報告する義務があることが多いです。
募集時に説明していたのと違う用途に使ってしまった場合は詐欺をはたらいたとみなされることもあります。

ちなみに、IT用語に「クラウドサービス」がありますが、この「クラウド」は雲(cloud)のことなので全く違う言葉です。
意味は「離れたところにあるコンピューターを手元の端末から操作することができるサービス」で、空に浮かぶ雲の中に収められたデータを遠くからやり取りするというたとえから作られた言葉です。

クラウドファンディングの使い方・例文

  1. 古い文化財が老朽化しているので、クラウドファンディングで修繕費を集めることにした。
  2. ちょっとした投資家の気分で、気になる内容のクラウドファンディングに出資している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ