「レジデンス」とは?意味や使い方を解説します!

「レジデンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「レジデンス」について解説します。

目次

  1. レジデンス
  2. レジデンスの意味とは
  3. レジデンスの使い方・例文

レジデンス

皆さんは「レジデンス」という言葉をご存知でしょうか。

集合住宅などの建物の名前に使われていることが多いですが、一体旦那意味なのでしょう。

今回は「レジデンス」という言葉について詳しく解説します。

レジデンスの意味とは

レジデンスとは「住宅。邸宅。」という意味です。

英語の「residence」をカタカナ読みしたもので、意味もそのまま同じです。
また、英単語の方には「居住。滞在。在住期間。」といった意味もありますが、カタカナ語の方にはありません。

住宅の中でも、特に規模の大きな建物である邸宅や高級住宅を指す言葉です。
高級アパートやマンションなど、集合住宅形態の建物も含みます。特に高級な分譲マンションを指して使うこともあります。

また、ホテルの種類として「レジデンスホテル」というものもあり、「レジデンシャルホテル」ともいいますが、都市部に長期滞在する者のための設備を備えたハイクラスな宿泊施設を指します。
家具家電が一通り備わっていて賃貸アパートのように暮らすことができ、それでいて清掃やリネンの取り換えなどは施設のスタッフが行うというホテル同様のサービスも受けることができます。

「レジデンスホテル」と似たようなサービスを受けられる施設に観光地向けの「コンドミニアム」や、長期出張者や単身赴任者向けの「アパートメントホテル」などがあります。

>

レジデンスの使い方・例文

  1. 友人が東京へ長期の旅行へ行って、レジデンスホテルに泊まったらしい。
  2. 私が住んでいるアパートの名前にはレジデンスという言葉が入っているが、あまり高級な感じはしない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ