「コンテンポラリー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「コンテンポラリー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンテンポラリー」について解説します。

目次

  1. コンテンポラリー
  2. コンテンポラリーの意味とは
  3. コンテンポラリーを使った文章・例

コンテンポラリー

コンテンポラリー(英:contemporary)』という言葉について解説します。

皆さん、この言葉を見聞きした事はあるでしょうか?

音楽やダンスの分野などで『コンテンポラリー』という分類をされている物があります。

現代風のイメージがあるこの言葉。

今回はこの言葉について詳しく見ていきましょう。

聞いた事がない!って人も、そうじゃない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなコンテンポラリーという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

コンテンポラリーの意味とは

コンテンポラリー(英:contemporary)とは『現代的、現代風の感覚や、時代の流行りを取り入れていること。現代的であるさま。同時代に存在しているさま。』という意味の言葉となっています。

コンテンポラリーミュージック!と言われたら『今流行りの音楽』ってことですね。

ダンスや音楽や芸術など幅広分野で使用されていますね。

中々、触れる機会がない方もいるかもしれませんが「現代的な〇〇」といった使い方をするので、覚えておいて損はないはずです。

現代的なものに触れることは、年を重ねると少々気が重くなったりします。なぜならば、昔を振り返り思い起こす方が、楽な事もあるからです。

けれど、たまにはコンテンポラリーな何かに触れることも、心の癒しとなるかもしれないので、ぜひご参考までに。

>

コンテンポラリーを使った文章・例

・コンテンポラリーダンスを見た感想を、うまく言葉にはできなかった。
・ラジオではもっぱらコンテンポラリーな音楽を聴いている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ