「アットホーム」とは?意味や使い方を解説!

「アットホーム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アットホーム」について解説します。

目次

  1. アットホーム
  2. アットホームの意味とは
  3. アットホームの使い方・例文

アットホーム

アットホーム」という言葉の意味や使い方について解説します。

よく「アットホームな雰囲気」や「アットホームなカフェ」といった使い方をしますが、皆さんは聞いたことがあるでしょうか。

この「アットホーム」という言葉は、主に「家庭的で自分の家にいるかのようにつくろぐことができる。」といった意味を持ちます。

また、主な意味の他にも複数の意味がある言葉でもあります。

主な意味は知っていても、他の意味までは知らない方が多いかと思うので、この機会に「アットホーム」について詳しく知っていきましょう。

アットホームの意味とは

>

アットホームという言葉の意味は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目の意味は「家庭的。自分の家にいるかのようにくつろぐことができる様子。」という意味になります。

一般的に、この1つ目の意味で使用されることが多く「アットホームな雰囲気」や「アットホームな店」といった使い方をします。

次に、2つ目の意味は「くつろいだ宴。お茶会。」となります。

使い方としては「アットホームを催すことになった」といった表現が一般的です。

そして、3つ目の意味は「お客の訪問を受けること。接見。接客。または、在宅すること。」となります。

アットホームの使い方・例文

  1. 彼との初めてのデートは、アットホームな雰囲気のカフェだった。
  2. 初出社の日はとても緊張したが、アットホームな会社で上司も皆優しかったので安心した。
  3. アットホームな雰囲気が評判の居酒屋に行ってみたが、ただ馴れ馴れしいだけだった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ