「セカンドバッグ」とは?意味や使い方を解説します!

「セカンドバッグ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「セカンドバッグ」について解説します。

目次

  1. セカンドバッグ
  2. セカンドバッグの意味とは
  3. セカンドバッグの使い方・例文

セカンドバッグ

皆さんは「セカンドバッグ」という言葉をご存知でしょうか。

ファッションに詳しい方やビジネスマンの方などは良く知っているかもしれませんね。
英語にすると「second bag」ですが、本来の英語にはない和製英語です。

今回は「セカンドバッグ」という言葉について詳しく解説します。

セカンドバッグの意味とは

セカンドバッグとは「持ち手が無く、手に抱えて持つ小型のバッグ」という意味です。

もともとは、メインのバッグに入れて使う補助的なバッグだったようです。
しかし小さなバッグだけを手に持つということが荷物の少なさを表していて恰好いいというところから、「セカンドバッグ」一つを手に持つというスタイルが流行しました。

このバッグを手に持つスタイルの流行によって「クラッチバッグ」という呼び名が生まれました。
「クラッチバッグ」誕生以後も、「セカンドバッグ」という言葉も引き続き使われています。

「クラッチバッグ」と「セカンドバッグ」の違いは諸説ありますが、その一つは「クラッチバッグ」はまちが薄く「セカンドバッグ」は厚いというものです。
もともとのファッション用語としての「クラッチバッグ」はファスナーによる開閉ではなく、金具のついた蓋をかぶせるタイプのもののみを指す言葉だったようです。
また和製英語である「セカンドバッグ」とは異なり、「クラッチバッグ」は実際に存在する英語から取られた言葉です。

>

セカンドバッグの使い方・例文

  1. 取引先との打ち合わせに、新調したセカンドバッグを持って行くことにした。
  2. エナメルのセカンドバッグで結婚式に出席した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ