「ラインマネージャー」とは?意味や使い方を解説します!

「ラインマネージャー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ラインマネージャー」について解説します。

目次

  1. ラインマネージャー
  2. ラインマネージャーの意味とは
  3. ラインマネージャーの使い方・例文

ラインマネージャー

ラインマネージャー」という言葉について解説します。

ラインマネージャー?LINEの新機能かなにか?と思った方はいらっしゃるでしょうか。

そう思った方は、スマホの電源をオフにして過ごす日を作ってください。スマホ中毒です。

ラインマネージャーという言葉は、ビジネス用語となっています。

みなさんの職場でこの言葉を使っているかどうかによっては、一度も見聞きしたことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、たいていの会社ではこのラインマネージャーがいたりします。

ということで、ここではそんな「ラインマネージャー」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ラインマネージャーの意味とは

ラインマネージャーとは「ライン組織における管理職のこと」という意味の言葉となっています。

ライン組織とは一般的な会社組織のような、社長、部長、課長、社員というような一本の線になっている組織のことです。

ライン管理職と言ったりもします。ラインと聞くと工場などのライン工を思い浮かべてしまいそうですが、間違わないようにしましょう。

会社によっては「ライン課長」と「スタッフ課長」といった分け方がされていたりもします。ライン課長はライン管理職扱いで、スタッフ課長は管理職ではなくライン課長の部下、一般社員よりも上だが管理職ではないという場合が多いようです。

このあたりは、英語と日本語を組み合わせて語感だけ良い感じにして誤魔化してる感がある気がしたりします…

>

ラインマネージャーの使い方・例文

  • ラインマネージャーが外部から入ってくるという噂が出始めている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ