「カバレッジ」とは?意味や使い方を解説します!

「カバレッジ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「カバレッジ」について解説します。

目次

  1. カバレッジ
  2. カバレッジの意味とは
  3. カバレッジの使い方・例文

カバレッジ

カバレッジ」という言葉について解説します。

みなさんはこの「カバレッジ」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

ビバレッジならあるよ。と思った方、それはオレンジジュースです。

IT用語やビジネス用語ですので、あまり日常生活の中では出会わない言葉かもしれません。

逆に、仕事上いやというほど使っているという方もいらっしゃるとは思いますが、ここでカバレッジという言葉について学んでみましょう。

ということで、ここではそんな「カバレッジ」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

カバレッジの意味とは

カバレッジとは

  1. テレビ・ラジオの受信可能な範囲
  2. 新聞・雑誌の購読者数。
  3. ITソフトウェア開発の最終的な検証段階における、テストが行われる範囲。またはその網羅率。
といった意味の言葉となっています。

ざっくりというと、「カバー率・網羅率」ということになるでしょうか。

受信可能な範囲も、購読者数もどれだけの人や範囲をカバーしているか。という意味に置き換えることができると思います。

じゃあカバレッジじゃなくてカバー率でいいじゃん

ビジネスの場合、顧客数やサービスがどのくらいの範囲まで届いているかなどは重要な要素なので、このカバレッジという言葉は使われているのではないでしょうか。

業界にもよるとは思いますが、当たり前のように「カバレッジが…」と言われた際に、慌てないように覚えておいてみてください。

>

カバレッジの使い方・例文

  • ソフトウェア開発ではテストカバレッジツールというものを使用し、最終検証を行う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ