「リスキリング」の意味とは?意味や使い方を解説!

「リスキリング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リスキリング」について解説します。

目次

  1. リスキリング
  2. リスキリングの意味とは
  3. リスキリングを使った文章・例文

リスキリング

皆さんは「リスキリング」という言葉をご存知でしょうか。

「スキル」という言葉が元になっており、技術の習得に関係する意味を持ちます。

今回は「リスキリング」という言葉について詳しく解説します。

リスキリングの意味とは

リスキリングとは「新しい就労内容に合わせてスキルを付け直すこと。学び直すこと。」という意味です。

「再び」という意味の接頭語「re」に「技術」という意味の「skill」、動詞の現在進行形を意味する「ing」で「reskilling」です。
「skill」に動詞の形はないので、「reskilling」は和製英語です。

業務形態の変化やキャリアアップ目的での転職など、社会人に「リスキリング」が必要な場面は多いと言えます。
仕事に必要なスキルを新たに学び直すことでさらなる成長とすることができるのです。
社会人になっても、学生時代同様に学び続けることの大切さは変わらないのです。

似たような言葉に「リスケ」があります。
これは「リスケジュール」の略であり、「既に決まっていた予定を再調整する」という意味です。
英単語「schedule」は名詞として使われることが多いですが、「予定を入れる」という意味の動詞としての用例もあります。
「予定を調整する」という意味のカタカナ語で「スケジューリングする」という形でも使われています。

>

リスキリングを使った文章・例文

  1. 異動するにあたって、最新の知識についてリスキリングすることにした。
  2. リスキリングの結果、ハイキャリア転職を実現した。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ