「サンセット」とは?意味や使い方を解説します!

「サンセット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サンセット」について解説します。

目次

  1. サンセット
  2. サンセットの意味とは
  3. サンセットの使い方・例文

サンセット

皆さんは「サンセット」という言葉をご存知でしょうか。

住む家や泊まるホテルを選ぶ際に、ベランダなどから美しい「サンセット」を眺められることを条件としている方もいることでしょう。
しかし、実は「サンセット」とは「夕日」「夕焼け」の意味ではないということは知っていましたか?

サンセットの意味とは

>

サンセットとは「日没」という意味です。

対義語は「サンライズ」です。
英語で綴るとそれぞれ「sunset」「sunrise」となります。

「サンセット」という言葉に対しては「日没」というより「夕日」や「夕焼け」というイメージが強い方が多いのではないでしょうか。
ともすれば暗い光景である「日没」より、空が美しいオレンジ色の光で染まる「夕日」「夕焼け」が思い浮かぶという方が多いと思われます。

恐らくこれは「サンセットビーチ」の影響が大きいのではないかと思われます。
「サンセットビーチ」は「水平線の向こうに日が沈む様子を眺めることができる海岸」です。
それが美しい夕焼けとなる光景は人気を集めており、ベランダやバルコニーから「サンセットビーチ」を眺めたいと思う人は多いでしょう。
そこから「サンセット=夕日」というイメージが広がったと思われます。

対義語の「サンライズ」が「日(sun)が昇る(rise)」、すなわち「日の出」という意味であることからも分かる通り、「サンセット」は「夕日」ではなく「日没」なのです。

サンセットの使い方・例文

  1. 海沿いのホテルに泊まり、バルコニーからサンセットビーチを眺めた。
  2. この道は美しい夕焼けの光景にちなんでサンセット大通りと名付けられている。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ