「スポンサー」とは?意味や使い方を解説します!

「スポンサー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スポンサー」について解説します。

目次

  1. スポンサー
  2. スポンサーの意味とは
  3. スポンサーの使い方・例文

スポンサー

皆さんは「スポンサー」という言葉をご存知でしょうか。

テレビを見ていると「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします」というナレーションをよく聞くので、知らない人はほとんどいない言葉かもしれませんね。

スポンサーの意味とは

>

スポンサーとは「事業に対して出資する人」「商業放送の広告主」という意味です。

一つ目の意味では、「出資者」「支援者」という日本語訳になります。
スポンサーが事業に出資する理由は、その事業が収益を上げることによって見返りを得ることを期待するからです。その意味では、株主などの投資家もスポンサーの一種だと言えるでしょう。

特に、プロスポーツチームや選手、スポーツイベントなどに企業が出資する際には「スポンサー契約」が結ばれます。
企業の業種によっては、スポンサー契約の内容が金銭的な支援にとどまらないこともあります。たとえば飲料水メーカーがドリンクを提供したり、アパレルメーカーがユニフォームやシューズを提供したりといった例が挙げられます。

二つ目の意味では、テレビ番組の間に流れるCMという形で一般の視聴者にもお馴染みです。
番組のスポンサーとなった企業は、製作費を出資する代わりに、番組内で自社のCMを流して宣伝することができるという恩恵を得ることができます。
特に地上波放送のテレビ番組は最も目にする人の多いメディアと言っても過言ではないので、テレビ番組のスポンサーとなることの広告効果は絶大なのです。

スポンサーの使い方・例文

  1. テレビ番組はスポンサーに支えられているので、彼らの気に入らない番組を作ることはできない。
  2. ある競技でプロデビューした友人が、大手企業とスポンサー契約をすることができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ