「レジリエンス」とは?意味や使い方を解説します!

「レジリエンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「レジリエンス」について解説します。

目次

  1. レジリエンス
  2. レジリエンスの意味とは
  3. レジリエンスの使い方・例文

レジリエンス

皆さんは「レジリエンス」という言葉をご存知でしょうか。

あまり聞いたことが無いという方も多い言葉かもしれませんが、ビジネスシーンや心理学などさまざまなジャンルにおいて登場する言葉です。

今回は「レジリエンス」という言葉について詳しく解説します。

レジリエンスの意味とは

レジリエンスとは「困難な状態にうまく適応して生き延びたり、異常な状態から回復したりする力」という意味です。

英語の「resilience」という単語をカタカナ読みした言葉です。
「resilience」の意味は「回復力」です。

心理学用語では、「ストレスを受けた時に精神的に回復する力」をいいます。
社会生活における人間関係のいざこざや、幼少期に受けたトラウマなどから回復する力を表す言葉です。

「レジリエンス」は、ビジネスの世界においても突然発生したトラブルやリスクに対応するための能力として重要視されています。
個人の能力はもちろん、組織全体で「レジリエンス」を高めることで、大きな危機に見舞われても乗り越えることができるようになります。

「レジリエンス」を別の解釈で訳すと、「弾性」や「しなやかさ」となります。
ストレスの原因や手ごわいトラブルに真正面からぶつかっていくのではなくしなやかに跳ね返していく、柔軟性をもって対応していくことでうまく付き合えるようになるということを表していると思われます。

>

レジリエンスの使い方・例文

  1. 今後のビジネス計画における課題は、レジリエンスの向上だ。
  2. 心理学の分野を勉強することで、レジリエンスを高めるノウハウを学ぶ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ